お金を借りるときの手続きって難しい?

お金を借りるときの手続きって難しい?

消費者金融からお金を借りる場合は、いくつか注意点があります。
貸金業の法律がありそれに則って運営しているので決まりがあるのです。
まず、消費者金融同士で顧客の借金の状況を把握するので、
信用情報機関に照会します。
そのため複数の消費者金融からお金を借りている場合は、
ずぐに露呈してしまいます。
個人情報なので黙っていれば解らないというのは嘘です。

 

そのため30万程度の借金であれば、収入証明や職場への在籍確認がされないのがほとんどですが、
複数のところから借りている場合は在籍確認されたり、
収入証明書が必要なパターンもあるのです。

 

お金を借りたい

 

本人確認書類の準備も必要で、本人確認書類となりうる物は、
パスポート、保険証、運転免許証、住基カード、
または銀行などのキャッシュカードでも本人確認書類として受付してもらえます。
住所と生年月日がわかるものと言うことで提出を求められます。

 

ここまで確認するようになったのは総量規制と言って、
個人が借りるお金は年収の三分の一までと決まったからです。
そのため多重債務者が自転車操業状態で、
Aから借りてBへ返済、Bから借りてCへ返済という事ができなくなり、
早々に行き詰まるケースが増えてきました。
元はと言えばここまで借金をふくらませた本人にありますが、
貸す方も本人が返済できないほどかしてはいけないと言うことを
認識させられた法律でした。

 

しかし総量規制によって過剰な債務を抱える人が少なくなったのも事実です。