お金を借りるのは利率など確認してからにしましょう。

お金を借りるのは利率など確認してからにしましょう。

今の時代はコマーシャルでお金を借りて買い物をしよう!と
推進しているので罪悪感が無くお金を借りる人が増えています。

 

携帯やスマホ、パソコンでスマートに「○秒審査!」「即日融資!」
などとうたって気軽にお金が借りられるので、
返すときになって慌てる人が居ます。

 

当たり前ですがお金を借りたら返さないといけません。
それも「借りたときより多い金額」で返さないといけないので、
利息を見て「もう借りない」と決心する人も居るでしょう。

 

現在の金利は、ひと昔前のように高金利ではありませんが、
それでも住宅ローンや教育ローンなどと比較すると、
キャッシングはとても金利が高いです。
気軽に借りて気軽に返すマイバンク感覚では、
借金の感覚が薄れてしまうので、
本当に困った時に借りる程度が賢明です。

 

またショッピングのリボ払いについてですが、
リボの仕組みを理解していないと
いつまで経っても借金が減らないということになります。

 

リボ払いは大まかに言うと毎月定額しか支払わなくて構いません。
顧客側が設定した金額の5000円、10000万円だけを支払って、
買い物をした代金は繰り越しをされていきます。

 

しかしリボ払いを使い始めると、
あっという間に利用可能額が無くなってしまいます。
なぜなら毎月の支払金額のうち、
元本に充当されているのは、ほんの少しの金額だからです。

 

リボ払いが嵩んでくると、金利だけを支払って居る状態にもなりかねません。

 

お買い物も支払いも、よく考えて使うことが大事ですね。