クレジットカードを所有しているのは消費者金融の申込みに影響ある?

クレジットカードを所有しているのは消費者金融の申込みに影響ある?

クレジットカードを所有している方は多いと思いますが、
新しく消費者金融に申込む際に、クレジットカードはどう影響するのか、
気になる方もいらっしゃると思いますが、まずはクレジットカードの特徴を。
クレジットカードでショッピングをする方がほとんどだとは思いますが、
クレジットカードでキャッシングをされたことがある方はそう多くないかもしれません。
ショッピング枠とキャッシング枠と2種類あります。
ショップやネットでお買い物をしてローン返済していくのがショッピング枠ですが、
クレジットカードでもお金を借りることが出来るキャッシング枠というのは、
実は他の金融機関に影響を与えてしまいます。
その影響というのは「総量規制」というものです。
お金の借り過ぎを防ぐために新たに設置された法律のことですが、
総量規制は年収の3分の1までしか借りることが出来ないというものです。
住宅ローン、自動車ローン、そしてお買い物ローンなどはその対象にはなりませんが、
消費者金融やカード会社からのキャッシングなどのお金を借りることに関しては、
総量規制の対象になってしまいます。
消費者金融に新規で申し込む場合に必ず聞かれることが、

すでに他社でお金を借りていないかどうかになります。
新規申し込みの希望額は年収の3分の1までというのはもちろんですが、
すでに他社で借入れがあれば、その額を年収の3分の1から差し引いた額が、
新規の借入可能額となります。希望額がその額を上回った場合は借入れはできません。
また、すでに年収の3分の1を超えていた場合は新規の申し込みは難しいです。
クレジットカードのキャッシング枠も同じなので、消費者金融の申込みの前に
チェックしましょう。

 

さらには、これは銀行の住宅ローンなどに申し込む場合も、
このキャッシング利用は影響します。
クレジットカードのキャッシング機能に関しては、利用しないのであれば、
外してもらうことも可能なので、大きなローンを組む時などは少なからず
影響してしまうので外すことをオススメします。

 

クレジットカードにははじめからキャッシング枠の付いていないカードも有ります。